秋の大祭 2019

loader
秋の大祭 2019

神峯山寺境内の紅葉が一番色づきを見せる11月23日(土・祝)。
今年も年に一度、御本尊の兜跋毘沙門天がご開帳される「秋の大祭2019」を開催いたします。

新時代“令和”の幕開けと新天皇即位を記念し、本年より『神峯山寺十二尊仏結縁祈願法要』を執り行います。
神峯山寺はご本尊の3体の毘沙門天を中心に、多くの仏様が古来より祀られています。
その内の十二尊と毎年一尊ずつご縁を結んでいただき、12年かけて満行となる祈願法要。
ろうそくに灯された本堂で天台声明が響く中、今年は第一尊《阿弥陀如来》とお一人ずつご縁を結んでいただきます。その後、兜跋毘沙門天を前に、神峯山寺住職が皆さまと共に礼拝します。

また、今年の「秋の大祭」より比叡山【十二年籠山行】の満行者である宮本祖豊師にお越しいただき、
『滅罪生善』特別加持も執り行います。

※宮本祖豊師の特別加持は開催年により変更する場合もございます。

開催⽇

2019年11⽉23⽇ (土・祝)

時間

9時~15時 (※随時受付・受付時間8時30分~14時30分)

⾏程

受付
朝8時30分より随時受付。順番にご案内いたします。

法話
僧侶が秋の大祭についてお話しします。

瞑想
心を鎮めてから本堂へ移動。

神峯山寺十二尊仏
《阿弥陀如来》結縁
お一人ずつ内陣へ誘導し、阿弥陀如来と結縁。

ご本尊
《兜跋毘沙門天》祈願
内内陣の兜跋毘沙門天を前に、神峯山寺住職が皆さまと共に礼拝します。

『滅罪生善』
特別加持
宮本祖豊師による特別お加持をいたします。
※希望者のみ当日受付。

お供養(お食事)
お弁当をご用意しております。

境内散策
心ゆくまで秋のひと時お過ごしください。

※法要の所要時間は法話より約60 分ですが、進行状況により、長時間お待ちいただく可能性がございます。

参加費

お一人:6,000円(お弁当付き)

参加・申込方法

事前予約制です。下記の「秋の大祭2019 申込フォーム」よりお申込みください。

申込締切:2019年11月15日(金)到着分

【定員】250名
※先着順。定員に達し次第受付終了。

複数人でお申し込みの場合、お一人ずつ必要事項をご記入ください。
申込受領後、順次こちらから詳細のご連絡を差し上げます。
  • 【注意事項】
  • 参加費は当日受付にてお納めください。
  • 申込者以外は本堂に入れません。
  • 当日参列できない方も申し込みいただけます。
    後日、結縁仏(今年は阿弥陀如来)のお札を郵送します。
  • 参加費には宮本祖豊師の特別加持は含まれません。
    「秋の大祭」参列者で希望される方のみ当日申し込みいただけます。
    (別途お布施をお納めください。)
  • 紅葉シーズンは混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用ください。
「秋の大祭2019」概要

ご本尊・兜跋毘沙門天 ご開帳

神峯山寺は日本で最初に毘沙門天が安置された霊場として、三体の毘沙門天がご本尊として本堂に祀られており、いずれも秘仏。

そのうちの1体である兜跋毘沙門天が年に一度の11月23日にご開帳されます。神峯山寺の兜跋毘沙門天は戦国時代に戦いや病に打ち勝つ神として戦国武将に信仰され、江戸時代には商売繁盛のご利益があるとして大坂の商人からも崇められ、現在もなお広く信仰を集めています。

神峯山寺『十二尊仏結縁祈願法要』とは…

ご本尊の毘沙門天を中心に、神峯山寺に祀られる十二の仏様と
12 年かけてご縁を結ぶ祈願法要。
毎年一尊と結縁し、ご開帳される兜跋毘沙門天を前に
住職がお一人ずつ祈り、そして礼拝します。

『滅罪生善』祈願とは…

この身に備わっている悪い因縁、罪障を取り除き、良きこと、富や健康、そして幸せが訪れることを願います。
本年より、比叡山「十二年籠山行」戦後6人目の満行者、
宮本 祖豊 師が特別加持をいたします。
※「秋の大祭」参列者で希望される方のみ、当日受付いたします。

紅葉狩り2019&Instagramフォトコンテスト

1,300年の歴史を持つ神峯山寺。
秋は紅葉の“隠れた名所”としても知られており、毎年多くの参拝者が訪れてくださいます。

今年は11月2日(土)~12月1日(日)の間『神峯山寺の紅葉狩り』を開催。さらに、期間中にはInstagramを利用したフォトコンテストも同時開催いたします。

交通のご案内

詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせ

TEL:072-688-0788
『秋の大祭2019』係
(受付時間9:00~17:00)

お申し込み上の注意

  • 境内でのご飲食は禁止されています。
  • 当日混雑が予想されます。お時間に余裕を持ってお越しください。
  • 紅葉シーズンは特に混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用ください。