永代供養について

loader
永代供養について

永代供養について

永代供養とは?

noukotsu_240_icon3 永代供養とは、亡くなられた方の供養・法要を、ご親族に代わりお寺が長年に渡って手厚く行うシステムのことを指します。これまでも「親族が遠方で、毎年の法要をするのが難しい」「亡くなった方の縁者が少なくなってしまった」などの場合、神峯山寺に永代供養をお願いされる方はたくさんいらっしゃいました。また、最近では、「自分が亡くなった後、忙しくする子供達に迷惑をかけたくない」という理由で、自発的に生前永代供養を希望される方も増えています。

当山で永代供養をご希望される場合、親族や子供、子孫に代って永代(基本的に50年)に供養・回向をさせていただきます。毎月の神峯山寺で総回向、春と秋に彼岸総回向法要を執り行っております。永代供養位牌を嶺峰院にお祀りするほか、ご希望があれば永代供養墓への納骨もお選びいただけます。

嶺峰院で法要ができます

ご希望があれば、ご先祖様の年忌法要や命日に嶺峰院にご親族は集って回向供養をすることができます。

嶺峰院回向堂
嶺峰院回向堂

すでにお亡くなりのご親族の永代供養

〇仏壇やお墓参りなどで先祖供養しているが、さらに手厚く追善法要したい。
〇お墓や仏壇を管理する親族がいなくなり、今後の先祖供養が心配。

<申し込み方法>

すでにお亡くなりのご家族の永代供養をする場合は戒名に永代供養料をそえてご奉納ください。(永代供養料 30万円)

ご自分や存命のご家族の永代供養

〇自分が亡くなった後に、供養を任せられる子供や親族がいないが、手厚く供養してもらいたい。
〇自分が亡くなった後に、子どもや供養に関する手間をかけさせたくない。

<申し込み方法>

ご自分や存命の永代供養をする場合は、ご本人の意志により永代供養や納骨の方法を事前に当山と取り決めておきます。
永代供養料は事前にご奉納していただきます。(永代供養料 30万円)

永代供養と墓地の関係

最近では、永代供養や共同墓地など、お墓と永代供養をセットにしているところも多いですが、永代供養は追善法要なので、お墓のある場所と永代供養する場所が必ずしも同じでなくてもかまいません。すでにお墓や遺骨が別の場所にあって、神峯山寺に墓地がなくても永代供養が可能です。
もちろん神峯山寺に墓地や納骨場所と、永代供養をあわせてお選びいただくこともできます。