納骨について

loader
納骨について

納骨について

納骨で、通常のお墓と変わらない供養を。
現代社会に合った様式を提案します。

 亡くなった方の遺骨をお寺へ納める「納骨」は、昔から存在する一般的な供養として知られています。ただ、一言で納骨と言っても、その様式や費用、それに伴うお寺の供養の仕方は一通りではありません。そのため、お寺への納骨をお考えの方は、「自分がどんな納骨を希望するのか」をしっかりと決めて、納骨を依頼する必要があります。
 神峯山寺の納骨の大きな特徴は、「納骨された場所が、はっきりと分かる」という点。そして、「希望によっては神峯山寺大霊園内への埋葬も可能」という点です。また、最近では費用のかかるお墓を購入せず、納骨のみで先祖の供養を済ませる様式も一般的となりつつあります。神峯山寺では、納骨を考えられる方それぞれに応えられるよう、いくつかの納骨供養の方法を用意しています。

通常の聖地・墓石と変わらない供養を行います。

 神峯山寺大霊園に眠る仏様の法要・回向を司る神峯山寺嶺峰院(れいほういん)納骨堂では、納骨された仏様の戒名・納骨場所を記録・管理しています。また、仏様の命日にはそれぞれのご家族・ご親族へ命日の案内を行い、希望される方には仏様の命日月に、納骨堂にて読経を行っています。単に納骨をするだけではなく、納骨後もこうしてご家族・ご親族とのコミュニケーションをとり、仏様を大切にできる環境を作り上げることも、お寺の役割だと考えています。 その他、納骨に関してお困りの方は、ぜひ神峯山寺へお問い合わせください。

納骨場所・「慈晃」
納骨場所・「慈晃」

納骨堂・嶺峰院
納骨堂・嶺峰院

納骨費用

[ 10万円 ] 合祀で納骨する場合

全納骨
合祀(他の遺骨と一緒に納骨)

※納骨場所は判別できます。
 一つの石室に、20人が一緒に埋葬されます。戒名は石碑に刻まれることはありません。納骨石室の表に「三界萬霊廟」、すなわち「多くの人々の魂が宿るところ」と表記されています。ただし、埋葬されているご先祖様の名簿は、神峯山寺できちんと管理されていますので、「どの石室に誰が埋葬されているか」は分かるようになっています。
合祀

[ 22万5千円 ] 個別納骨する場合(戒名彫刻費用が別途4~6万円程必要です)。

全納骨
個別納骨

※戒名が納骨場所に刻まれます。
 一つの石室墓地の中に10個の個室があり、その中に一人ひとりが埋葬されています。合祀と違って、石碑には納骨されている人々の戒名が刻まれていて、どこに眠っているかがその場で判別できるようになっています。 ※他に戒名彫刻費用が実費必要です。
全納骨

ご希望により永代供養を付けることができます。

(永代供養を希望される方は、納骨費用の他に下記の永代供養料が加算されます。)

種別 納骨費用 戒名刻印費用
(実費)
永代供養料
(希望者のみ)
総費用
合祀式(三界萬霊廟) 10万円 ナシ 30万円 40万円
戒名刻印式 22万5千円 約5万円 30万円 約57万5千円

※費用は状況により変更されることがあります。
※費用は1霊位(お一人分)の費用です。
※彫刻(刻印)費用は、実費です。(4万~6万円)