境内や森を汚さないで下さい。勝手に山中へ入らないで下さい。

loader
2015年07月10日

境内や森を汚さないで下さい。勝手に山中へ入らないで下さい。

20130627[1]

 今年は本来の意味での「五月晴れ(梅雨の合間の晴れの日)」も多く、神峯山寺からポンポン山へと続くハイキングコースを行き交う人もたくさん見かけるようになりました。しかし例年、春から秋にかけて一般来山者が多くなると、神峯山寺境内や神峯山の森の中で、お弁当やお菓子のゴミを見かけるようになります。神峯山寺の境内も森も、大変神聖な場所です。神峯山中では今も修験者が修行を行っています。マナーを守らない一部の人によって、この地が汚されてしまうのは当院としても大変残念なことだと思います。神峯山寺境内には、ゴミ箱を設置しておりませんので、自らのゴミは自らの責任で持ち帰り、神峯山の森を協力し合って守ってほしいと考えております。

 また、神峯山寺の敷地である神峯山の森には、許可なしに立ち入ることをお断りしております。生態系を守るために、くれぐれも野草やキノコを無断で採取しないようお願いいたします。随時、管理人が神峯山の森や境内を巡回しておりますので、管理人に指示に従って頂きますようよろしくお願いします。

こちらの記事もおすすめです