塔婆書き その1

loader
2015年09月05日

塔婆書き その1

古来より日本では太陽が真東から昇って真西に沈むとき、彼岸(悟りの世界)と此岸(煩悩に満ちた世界)が最も通じやすくなると考え、ご先祖様を供養するようになりました。
神峯山寺では、9月20日(日)、21日(月)、墓前に塔婆を立て、墓前回向をさせていただきます(お申込みされた方)。秋季彼岸墓地回向に向けて、約1500本の塔婆を用意するにあたって、お坊さん、連日、塔婆書き頑張っています。