拝仏

loader
拝仏

神峯山寺の『拝仏』とは…

神峯山寺では、仏様を“観る”のではなく、拝む対象としています。
仏様の前で掌を合わせてご祈願する『拝仏』という仏像拝観を行なっています。

事前予約制としており、本堂でのご祈願と普段は一般公開していない仏様をご案内いたします。
優しくほほえむ仏様の前でゆっくりお願い事をし、そして疲れを癒し心潤う時間をお過ごしください。

『神峯山寺の拝仏』ご案内

拝仏は事前予約制となっております。

受付時間:10:00〜16:00
※お寺の行事や法要の都合で拝仏を控える場合がございます。予めご了承ください。

所要時間:約1時間
拝仏料:2,000円(祈願・お茶含む)


[お申し込み時のご注意]
・ご予約時に希望日時、人数、代表者のお名前、ご連絡先をお知らせ下さい。
・都合により、ご希望の日時に沿えない場合がございます。お早めにお問い合わせください。
・日時を調整し、決定後は指定申し上げた日時以外の拝仏はお受付できません。
・申し込みフォームからの前日、当日の予約は行っておりません。お電話にてお問い合わせください。
・一度の拝仏の定員は15名までです。15名以上の場合は2組に分かれてのご案内となります。
・団体割引はございません。


拝仏で出逢える神峯山寺の仏様

拝仏のご案内は本堂のみとなります。他のお堂のご案内はしておりませんのでご了承ください。

*お会いできる仏様 [一例]
・阿弥陀如来坐像(重文)
・聖観世音菩薩(2体/重文)
・開成皇子像
・千手観音菩薩坐像
・四天王像 など

※ご本尊の3体の毘沙門天は秘仏のため、拝仏の際にご覧いただくことができません。
内内陣の兜跋毘沙門天像は年に一度、11月の『秋の大祭』にてご開帳いたします。

神峯山寺の仏様(ご覧いただけない仏様も含みます)
神峯山寺・阿弥陀如来信仰の歴史


神峯山寺の拝仏、そのお作法と心得。

「来たれし者に安らぎを、去り行く者に幸せを―」それが千三百年続く神峯山寺の、切なる願いです。

受付・祈願内容記入受付・祈願内容記入まずは、総合案内にお立ち寄りください。本坊にて祈願内容書をご記入いただき、祈願札を作成します。

本堂でご祈願本堂でご祈願本堂へ移動。密教作法に基づく祈願法要を行います。お坊さんと一緒にお祈りをしましょう。
法要の後、祈願札をお渡しします。

仏様とご対面仏様とご対面重要文化財の仏様をはじめ、本堂にいらっしゃる仏様をご紹介いたします。
じっくり仏様と対面しご参拝ください。

お茶を飲んでゆっくりお茶を飲んでゆっくり本坊へ戻り、アンケートをご記入後、お茶とお菓子を召し上がりながらゆったりとしたお時間をお過ごしください。