拝仏

loader
拝仏

拝仏には事前予約が必要です

神峯山寺では、仏様を観るものではなく、拝む対象としています。
仏様の前で掌を合わせご祈願する『拝仏』という少し変わった仏像拝観を行っています。予約制仏像拝見にお申し込みいただければ、普段は一般公開していない仏様をお坊さんの解説付きで堂内をご案内いたします。

拝仏申し込みフォームはこちら

※本尊である三体の毘沙門天については拝観時にご覧頂くことができません。
※御本尊、兜跋毘沙門天については、毎年11月の「秋の大祭」にてご開帳を行っております。
※インターネットからの前日、当日予約は原則として行っておりません。電話にてお問合せください。お寺の行事等で、拝仏の受付が出来ない日がございます。ご了承ください。

拝仏で出逢える神峯山寺の仏様

◇神峯山寺の仏様(当日拝仏できない仏様もあります。)
◇神峯山寺・阿弥陀如来信仰の歴史

優しく微笑む仏様の前で、ゆっくりと願い事を。
そして疲れを癒し、心潤う時間をお過ごしください。

阿弥陀如来坐像(重文)、聖観世音菩薩立像(2体/重文)
千手観音菩薩、不動明王坐像、四天王、地蔵菩薩、十一面観音菩薩 など

神峯山寺の拝仏、そのお作法と心得。

「来たれし者に安らぎを、去り行く者に幸せを―」それが千三百年続く神峯山寺の、切なる願いです。

一、自然を眺め、心を落ち着けます。一、自然を眺め、心を落ち着けます。
ご来山時は、まず本堂入り口よりお入りください。
二階座敷にご案内いたします。拝仏の前に、お茶を頂きながら静かに心を落ち着けましょう。
二、お願いごとを書く。二、お願いごとを書く。
お渡しする「祈願内容書」にお願いごとを書きます。拝仏料2,000円は、この時に祈願内容書を入れる封筒へ同封頂ければ結構です。
三、お坊さんと一緒に本堂へ。三、お坊さんと一緒に本堂へ。
全員がそろったところで、お坊さんが本堂へご案内いたします。
本堂入り口にて清めの儀式をしてもらい指定の場所へ静かにお座りください。
四、掌を合わせ、祈願法要をする。四、掌を合わせ、祈願法要をする。
祈願内容書をお坊さんにお渡しください。
お香のたかれたほの暗く神秘的な空間の中、密教作法にもとづいてお経を読み上げます。
願い事が叶うよう、心よりお祈りしましょう。
五、仏様におまいりする。五、仏様におまいりする。
重要文化財の仏様をはじめ、神峯山寺にいらっしゃる仏様へ参拝します。
このとき、お坊さんより短い法話があります。
六、拝仏終了。お守りを受け取る。六、拝仏終了。お守りを受け取る。
本堂から出るときに、お坊さんから一人ひとりにご用意したお守りを受け取り、
拝仏は終了です。
『神峯山寺の拝仏』ご案内

拝仏時間 : 10:00~16:00
※寺行事の都合で拝仏を控える場合がございます。予めご了承の上、事前にご確認ください。

所要時間 : 50分程度

拝仏料 : 2,000円

バスでお越しの方へ
JR高槻駅北口より市バス「原大橋」行きにお乗りください。約20分、「神峯山口」を下車し東へ道なりに約500m歩くと神峯山の入り口となる鳥居があります。鳥居をくぐり、約800m歩くと、神峯山寺が見えてきます。

タクシーでお越しの方へ
JR高槻駅北口より、8km、約20分です。阪急高槻市駅より、8.5km、約25分です。


[お申し込み時のご注意]
・定員は一度の拝仏に15名までとさせていただきます。
・事前ご予約時、希望される日時、人数、代表の方のお名前、ご連絡先をお知らせください。
・都合により、ご希望の拝仏日時にそえない場合がございます。ご了承ください。また、指定申し上げた日時以外の拝仏はお受付できません。
・ご希望人数が15名以上の場合、2組に分かれての拝仏となります。
・インターネットからの前日、当日予約は原則として行っておりません。電話にてお問合せください。
お寺の行事等で、拝仏の受付が出来ない日がございます。ご了承ください。